愛され料理家として

愛され料理家の生夏(きなつ)さんをご紹介致します。
青森で生まれ、食生活に関しては家では畑をやっていたこともあり自然に恵まれた環境で、あまりインスタントやお菓子は食べない環境で育った。

その反動もあり、中学、高校からは大好きなチョコレートを自分で購入して食べるようになりました。
朝、昼、晩にチョコレートを食べ1日1キロ位のチョコレートを食べる生活を送っていたそうです。

その頃は芸能の仕事にも関わっており、チョコレートを海外ロケでもどこでも持ち歩いてたべていたことから
「チョコレート姫」
と呼ばれていました。
そんな食生活を続けていたある日、
とある番組で密着取材を受け、身体の検査をしたところ医師から衝撃の事実を告げられました。
「このような食生活ですと寿命は60歳です」
番組をみた家族や友達が心配し、様々な食事方法などを提案されました。

そこで出会ったのがあるマクロビオティックの教室。
白砂糖や動物性不使用なのに見た目も華やかで美味しい!
驚きとともに、自分を愛され料理家へと導かれる第一歩となりました。
それからは食についての考え方を改め、色々な料理を学び資格を多数取得しました。

そこでたどりついた「家族や好きな人に愛される、胃袋を掴む料理」を愛され料理と定義づけたそうです。
愛され料理教室を開催している生夏さんに大切にしていることを伺いました。

大切にしている事
1、 まず始めてみる事
何気なく始めたInstagramでは
最初は使い方もよくわからず、ただ更新をしていただけでしたが、そこから伝えたいこと発信したいことがみつかり今では数万人のファンがつきました。何かをスタートする明確な理由も大切だが、まず始める事も大切だと思う。
2、 相手にどう喜んでもらえるか常に考える
生徒さん目線を大切にする。
自分が教室に行ったらどういう教室が楽しいか、理想かを常に考えて、生徒さんとプライベートでも食事会などを開きコミュニケーションをこまめにとるようにしています。
テーブルコーディネートの食器はもちろん、お花をいけたり作業工程もスムーズにいくように考えています。

3、手料理の大切さ
愛され料理家として様々な料理を教えていますが大前提として手料理はとても健康的。
多くの人たちに忙しい中でも簡単に作れる料理や作り置きなどを使いおうちで手料理する時間が増えたらよいなと考えています。

将来の展望
愛され料理家として今後も多くの生徒さんの為に活動をしていきたいとの事。
今行なっている愛され料理、愛されキャラ弁講座をオンライン授業も開催したいと考えております。加えて、食は色々なものに繋がります。
食事の空間を楽しんで頂けるテーブルコーディネートやお花など食からつながる愛され料理を今後も提案していきたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です