食で世界を渡り歩く

グラビアアイドルとシェフという二つの肩書を持つ、戸田れいさんをご紹介致します。
幼い頃貧しい家庭に育った彼女は、人一倍、食に対する意識が高く、幼少期から食べる事に対する関心が高かったとの事。
家庭の事情で小学校を5つ変わるというほど、幼い頃から波乱万丈の人生であった。
15歳の頃、知人の紹介から芸能界に入り、グラビアアイドルとして活躍。
一方で調理師免許も持ち、人前で料理を振る舞う事が大好で、料理人としても幅を広げる、いわば二刀流のキャリアを持つ彼女に大切にしている価値観を伺いました。

1、本質を大切にする
小手先の技術ではなく、
仕事に対する想いを大切にしたい。グラビアもシェフとしての活動も、本気で好きだからやる。

2、人との縁を大切にする
SNS時代だからこそ、
人との縁を大切にしたい。
SNSが流行ってもリアルはなくならない。

3、隠し事はしない
海外に行く度に、日本は何か元気がないと感じる時がある。海外に行く度に、自分は自分。正々堂々とやりたい事をやろうと思える。

将来の展望
タレントとしては、
ビューティー誌に関わっていけるような仕事をしていきたいとの事。今までタレントとして、芸能の世界に関わってきた経験から出来ることをやっていきたいと語る。
また、料理に関してはシェフズテーブルに代表されるような食に関わり、影響を与えられる人になっていたいと思っており、いずれは料理で世界を渡り歩く。
そんな仕事もできたらと考えてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です